スタッフの採用と教育

院長コミュニケーション 上司としての在り方編

叱らないと人は育たない

スタッフを褒めて育てたほうが良いのか、叱って育てたほうが良いのかという相談を時々受けます。結論から言うと両方必要です。ただし成果が出なかったからという理由で叱ることは厳禁です。また「患者様の前でスタッフを叱る」。これは一発レッドカードです。叱ったほうはそれを直ぐに忘れるでしょうが、患者様の目の前で恥をかかされたスタッフは一生根に持ちます。利己的なふるまいや規律を破ったなど、社会人として相手に迷惑をかけた時に叱ります。そのスタッフが変化するきっかけをつくるために「社会人として何が悪かったのか、次からどうすべきなのか!」を感情的に叱るようにします。ここでやってはいけないことは、冷静に論理的に叱ることです。冷たい人と思われて逆効果です。

人はわが子には叱っても、近所の子供の振る舞いに対して叱りつけることはありません。わが子には愛情があるから叱れるのです。それをスタッフに伝えてあげてください。叱ると、叱ったほうも、叱られたほうも嫌な気分になり、診療室が重い空気に包まれます。でも思い出してください。過去にあなたの成長を思って、あなたの振る舞いを本気で叱ってくれた人のことを。今では深く感謝しているはずです。

直接スタッフ本人に聞く

新人スタッフで院長とあまり話をしたことが無いのに、就職して2ヶ月も経つと院長に対して嫌悪感を抱いているスタッフがいます。自分で直接見たり、体験したわけでもないのに悪意のある先輩スタッフの噂話を信じてしまうことで起きてしまいます。
スタッフが院長に対して「○○さんが、こんなことを言っていましたよ……」と伝えてくるときがあります。それを鵜呑みにしてはいけません。その際は伝えてくれたスタッフに「ありがとう。よく教えてくれたね」とお礼を言った後で、「じゃ、○○さんから直接聞きたいから、今ここにつれて来てもらえる?」と伝えます。これを徹底してください。マイナスの噂話を本人が不在の所でするのは、組織を病気にする行為ですから止めさせなければなりません。

与え過ぎはスタッフの自立を阻む

院長の中には、スタッフとのイベント、プレゼントなど、スタッフに喜んでもらおうと思って、多くのものを無条件で提供しながら「スタッフがちっともやる気を出さない」とこぼす方がいらっしゃいます。老子の言葉に「飢えている人に魚をとってあげれば一日は食べられるけれど、魚のとり方を教えれば一生食べることができる」というものがあります。院長が一方的にスタッフに与え過ぎる医院は、スタッフを院長に依存させます。

スタッフは投資家

スタッフに急に辞められると傷つきますよね。患者様に迷惑をかけてしまうだけでなく、院長としての自分が否定された気持ちになることもあると思います。
でもそんな時、スタッフは投資家と考えると、少しスッキリします。スタッフはお金よりも大切な自分の人生の時間をあなたの医院の可能性にかけて投資しているのです。だから投資する価値があると思えばそこで頑張りますし、投資する価値が無いと思えば辞めていきます。スタッフは投資家だと思えば腹も立ちません。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学