歯科医院経営の本質

朝礼・終礼のポイント

朝礼のポイント

「朝礼がマンネリ化し、やってもあまり意味が無さそうだから今はやっていない」という院長がいらっしゃいます。普通の会社、特に大企業はあまり朝礼をしません。朝礼をするのは飲食・建設現場など肉体労働系の会社に目立ちます。だからといって歯科医院に朝礼が必要ないわけではありません。必須だとさえ思います。

そもそも朝礼の効果として売上アップにはあまり寄与しません。では何のために朝礼を行うのかというと、不注意や連携不足によるミス発生の予防であり、気持ちを仕事モードに切り替えるために行います。

朝礼はPDCAでいうと、組織の1日の計画にあたります。朝礼で必須なプログラムは、当日の目標共有に加えて、ミスを予防するために当日の予約表に基づいたスタッフ間および院長からの申し送り事項の連絡、仕事のスイッチをONにするために気持ちの良い挨拶の唱和などが代表的です。更に予約表に基づき、空き時間の作業指示をすることで、手待ち時間を無くし、生産性が向上します。人数が10人を超える場合はグループ分けします。

朝礼は一日の始まりです。朝礼で大切なことはネガティブな話は避け、スタッフを明るい気持ちにしていくことです。朝礼のリーダーは院長ではなくスタッフの輪番制とし、院長は朝礼の雰囲気をよくするファシリテーター(促進役)に徹します。そうすることで院長が一方的に話をし、スタッフが我慢して院長の話を聞いている受け身の朝礼から、スタッフを主役とする主体性のある朝礼へと変貌していきます。

終礼のポイント

終礼はPDCAでいうと、組織の1日の評価にあたります。本日の目標達成度の共有と本日が良い一日だったという印象をシェアするために行います。一日の終わりを良い印象で終わることで明日への活力となります。

そのために必要な終礼プログラムは2つあり、一つ目は院長からの労いです。労いは成果に対して褒めることではなく、結果が良くなくても無条件で承認することです。今日1日を一緒に過ごしてくれたことに対して感謝の意を表します。もう一つは今日良かったことをスタッフ同士でシェアします。この習慣を身につけることで、スタッフは仕事中に良かったことを自ら探していくようになるとともに、気持ちの良い仕事の終わり方ができます。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長のビジョンを叶える ホワイトエッセンスが教える経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学