スタッフの採用と教育

衛生士採用面接で応募者の資質を見極める

雇ってはいけない人材を挙げるとすれば「院長とコミュニケーションが取れない」「仕事の意欲が少ない」「忍耐力がない」の 3 つであり、それを見極めます。

院長とコミュニケーションが取れない」方の特徴は、離職理由が前の歯科医院の院長に対する不満であることや家庭環境が複雑で親の愛情を十分に受けていない発言が目立ちます。

また仕草でいうと、面接者をあまり見ない、落ち着きがない、身繕いが多い、目の輝き、目の動き、目を合わせた際の視線がおかしい、髪を触っている、質問に過剰反応する、紋切り型の回答に終始等があげられます。

前の医院の院長からどう思われていたのかという質問をします。キョトンとする方や良いことしか言わない方は、自分を客観視出来ていないので要注意です。

仕事の意欲が少ない」方の見極めは中途の場合、事前に郵送した医院の資料をちゃんと理解するまで読み込んできているかを見ます。

また子供は親の職業観を見て育ちますので、両親の仕事観が低い場合も仕事の意欲が低めな人材である可能性が高いです。具体的にはご両親が仕事は辛いものだと思っていたり、経営者は労働者から搾取する人間だと思い込んでいたり、大変だったらすぐに辞めていいよ、と言ってしまったり、子供との距離が近すぎて子離れできてない場合です。

他に仕事への意欲が少ない方の特徴として、お付き合いされている彼氏の仕事観が低い方、休職期間が長い方、質問が労働条件しかないような方が該当します。

忍耐力が無い」について、忍耐力は面接では見極めにくい項目ですが、体力にほぼ比例します。忍耐力=体力と考えます。

中途の方の場合は、一つの職場で 3 年以上在籍していたかどうか、患者数が多い医院で忙しく働いていたかどうかが目安ですが、理不尽な院長のもとであれば、早期離職も止むを得ず目安でしかありません。新卒の場合は運動系のクラブ活動でどれだけ努力をしたかを尋ねます。

過去の病歴を尋ね、入職前に健康診断を受けて頂き、診断書を提出してもらいます。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学