歯科医院経営の本質

人事評価のポイント

人事評価はPDCAでいうと、人に対するC=評価です。
時々院長先生から「スタッフへの評価方法を教えてほしい」と聞かれます。その際は「そのスタッフの役割と個人目標、そして組織の規律は明確になっていますか?」と尋ねます。評価は与えられた役割と目標の中でどれだけの結果を出せたかという成果評価と組織の規律の遵守度合いを測る勤務態度評価に分ける必要があります。

そして成果評価と勤務態度評価のウエイトを勤続年数や地位によって分けるようにします。

ホワイトエッセンスのパイロット医院では、入職して1年以内は勤務態度が評価ウエイトの7割を占めます。最初から成果をメインとした評価にすると、「結果さえ出せば、何をやってもよい」という雰囲気が組織に蔓延し、チームワークがバラバラになります。

成果は売上成果だけではなく、クライアント満足度、DMレスポンス率、発注ロス率など、できるだけ成果項目を数字で細分化するようにします。そうすることでそのスタッフの個々の強みを見出せます。

また勤続年数が5年以上のスタッフに対する成果評価は個人成績よりも後輩の育成度を重視して評価するようにします。こうすると人が育ちやすい組織風土になります。毎月の個人面談ではこれらの点が反映された評価表を用い、個人面談を予定している日の3日前までに本人に成果と勤務態度を5点満点で自己採点してもらいます。そして院長採点を自己採点の隣に書き込んだ状態で当日の個人面談に臨み、お互いの採点結果のすり合わせをします。

面談では院長の評価尺度をスタッフに伝えます。毎月実施することで、院長とスタッフの評価の乖離が無くなり、賃金改定、賞与、人事異動の際に不満が出にくくなります。スタッフの自己採点に対する言い分が正しければ院長採点を書き換えることも必要です。スタッフは評価基準を明確にしてもらえると、そこを目指して頑張れますので、是非役割と目標に連動した評価表を個人面談で活用されてみてください。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学