新規患者・リピーターを生むマーケティング

【前編】歯科医院で治療を終えた患者さんを予防歯科につなげる方法

今回は、歯科医院に治療目的で来院されるクライアントを

どのように「クリーニング」などの予防歯科メニューにつなげていくかについてお伝えします。

突然ですが、次の数字は何の割合だと思いますか?

「16%」

これは、日本人の歯科医院に定期的に通っている方の割合です。

(※2012年日本歯科医師会の調査)

アメリカ・カナダにおいては56~57%の生活者が歯科医院に

定期的に通っているので、いかに日本人が歯科医院に行く習慣がないことがわかります。

ご存知のように、歯科業界では2000年頃から予防歯科がブームとなり、

現在では予防歯科をメインに開業することが当たり前のようにすら感じます。

しかし、生活者の多くが口腔内の状態が悪くなり自覚症状がないと歯科医院に行きません。

治療目的のクライアントの内、何割かでも予防を目的に歯科医院に通うようになれば

予防歯科の推進となり、歯科医院経営は大きな転換点をむかえます。

では、具体的にどのようにして

治療目的のクライアントを予防歯科に移行していけばよいのでしょうか。

基本は単純、

3段階のステップです。

ステップ1 クライアントのニーズを引き出す

ステップ2 カウンセリングを行う

ステップ3 リピート化してもらう

今回は3段階の中で、一番重要なステップ1「患者さんのニーズを引き出す」

のポイントを具体的に記載します。

治療目的で来院された患者様の内、主訴とは別に口腔内の気になる点として、

「歯の汚れ」「歯の黄ばみ」と発言された方はどのくらいの割合でいると思いますか?

何と「70%」です。

クライアントの7割が主訴以外の口腔内環境の悩みを

抱えているわけですから、クライアントから悩みやニーズを

引き出してあげることで予防歯科にしっかりとつながる可能性が高いのです。

 

では、どのようにクライアントから予防ニーズを引きだせばよいのでしょうか。

実は簡単に引き出せてしまう最強のツールがあります。

次回、そのツールの活用法について詳しくお伝え致します。

「【前編】歯科医院で治療を終えた患者さんを予防歯科につなげる方法」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長のビジョンを叶える ホワイトエッセンスが教える経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学