スタッフの採用と教育

歯科衛生士採用と自費診療の関係性

歯科衛生士の不足

あなたは医院経営においてどのくらい歯科衛生士の必要性を感じていらっしゃいますか?「求人情報誌に掲載しても反応がなく、採用の見通しが立っていない」という院長先生の声をよく聞きます。歯科医院の数が6万8千軒なのに対して、歯科衛生士の数は25万人に上りますが、歯科医院の1/3は歯科衛生士が1人も在籍していません。歯科衛生士が在籍している医院であっても歯科衛生士が不足していると感じている院長が大多数です。
歯科衛生士が不足している理由は、歯科衛生士資格者の歯科医院への就業率の低さです。看護師の医療機関への就業率が7割に対して、歯科衛生士の場合はわずか4割です。3年制の歯科衛生士学校を卒業して、資格試験に受かっても、歯科医院に就職しない歯科衛生士が大勢います。歯科衛生士資格者の歯科業界離れは深刻です。

歯科衛生士法の大幅改正

2015年の4月には久しぶりに歯科衛生士法が大幅に改正され、歯科衛生士の業務範囲がそれまでの「歯科医師の直接の指導の下」から、「直接」という表現が外されました。歯科医師の常時の立会を必要としないようになったことで、より歯科衛生士の独立分業制が増加し、今まで以上に歯科衛生士の重要度が増してくるでしょう。
次の2つの表は歯科衛生士の在籍人数と自費診療の増加の関係性及び自費診療の内容です。
表5では歯科衛生士の在籍人数が多いほど自費診療売上が増加傾向にあることが分かります。
表6では歯科衛生士が在籍していない医院と複数名在籍している医院では自費診療の内容に大きな違いがあることが分かります。歯科衛生士が在籍していない医院は自費診療の内容が昔ながらの入れ歯や被せ物に集中しています。
一方、歯科衛生士が複数名在籍している医院は、歯列矯正、ホワイトニング、PMTC(歯のクリーニング)、審美歯科治療など、審美歯科およびデンタルエステの比率が非常に高い傾向にあります。
歯科衛生士の存在は保険診療のお手伝いさんから、自由診療対策のパートナーという位置づけになって来ています。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

「歯科衛生士採用と自費診療の関係性」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学