スタッフの採用と教育

歯科衛生士の定着率を高める方法(前編)

「院長大事なお話があります」

ドキッとされましたか?
この言葉を急に言われると不安になります。

歯科業界では歯科衛生士の定着率が低く、人材の確保にお悩みの先生も少なくないはずです。

折角採用した衛生士に少しでも長く働いてもらうためにも定着率アップを図りたい所ですが、
まず、定着率を高める対策を講じる前に、
なぜ離職率が高いのか、辞める理由とは何かの原因について触れていきます。

歯科衛生士の勤務実態を知る

歯科衛生士の国家試験合格者数は変わっていないにも関わらず、一向に衛生士不足は改善されません。

働いている歯科衛生士の数は、毎年2,500~4,500人程度増えていますが、
毎年平均して2000人近くの歯科衛生士が、歯科衛生士として働くことを辞めている状態です。

その中でも、新卒衛生士の3か月以内に退職する率は30%と言われています。
新人スタッフ(新卒だけでなく、中途採用も含みます)の退職時期を調べたところ、
実は退職していくスタッフの75%1ヶ月以内に退職しているという統計が出ています。

このデータは当社調べではありますが、本記事をお読みになっている先生も
大体このくらいの数字を想定していたのではないでしょうか。

10年間同じ歯科医院で働き続ける歯科衛生士の数は全体の5%にも満たず、
転職や退職をしたことがある歯科衛生士は約65%にのぼり
その転職の平均回数は1~3回だと言われています。

続いて勤務先の変更の理由の調査結果です。衛生士は仕事感が一般社会人に比べて低く、
キャリア形成の概念や成長意欲が少ないと言われていますが、表4-1を見てみると、
「常勤」では「仕事内容のレベルアップのため」が 13.8%(前回 11.9%)が1番の理由となっており、
職場にやりがいを求めていることが分かりました。

※平成27年3月公益社団法人日本歯科衛生士 会歯科衛生士の勤務実態調査 報告書より

しかし、衛生士の資質の問題以上に、成長できる環境が整った歯科医院が少なく、単調な仕事をこなす毎日で、
歯科医院という職場が歯科衛生士にとって、魅力的に映っていないというのも現実です。
それでは具体的にどのような不満があり、転職に至るのかを調査した結果をご覧ください。

【 職場への不満 】

□院長の診療方針についての説明が不足している

□院長は口では患者さん満足というが実際お金儲けにしか関心がない(保険の不正請求、インプラント主義)

□患者さんに詳しい説明無しに治療を始めてしまう。逆に院長の説明が長すぎで、治療が進まない

□気分によって態度が違う、叱りやすい人にだけ叱る

□アシスタント業務が多い

□仕事の範囲が不明確

□先輩スタッフからいじめられた

尚、上記の結果はスタッフ側の口頭確認の内容を記載しておりますので、
必ずしもこの内容が行われているとは限りません。

加えて、
『国家資格であり一生続けられる』『転職・就職に困らない』という安心感から歯科衛生士を目指したものの、
転職を繰り返し、歯科業界から離れ一般企業に就職する衛生士も現れ始めました。今は一般企業でも求人倍率が右肩上がりで、バブルの経済期の水準を超えたと言われるほど求人倍率が
上昇しております。どこも人員不足で、以前だとレベルが高くないと採用してもらえなかった状況から一転し、
『求職者売り手市場』に変わったのです。

昔なら歯科医院でしか働けなかった歯科衛生士でしたが、歯科医院勤務よりも給与が高く、
土日に安定した休日が取れ、福利厚生・待遇面が整った一般企業に流れて働くようになったということです。

一般企業に流れているということは、一般企業と肩を並べて受け入れ態勢を整えないと
ドンドン人は流出してしまうという事になります。

以下のグラフは、正社員を1人、採用するコストの比較を表しており、
どの業種でも一人当たり90万円~120万円のコストがかかっています。

本来は歯科医院もこのぐらいの金額を1人当たりに投資した方が良いのですが、
最初からこの金額を投資できる医院は少数でしょう。
まずは、お金を投資する前に衛生士の受け入れ態勢を整えることから始めます。

次回の記事では、受け入れ態勢を整えて優秀な人材が離職しにくくなる第一歩として
歯科衛生士の定着率アップのポイントをお伝えします。

「歯科衛生士の定着率を高める方法(前編)」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学