歯科医院経営の本質

院長の加齢と収入の関係性

院長の加齢とともに減収していく

近年歯科医院経営を難しくしていることの一つに院長が第一線のプレイヤーとして活躍できるピーク年齢期間が短くなってきている傾向にあります。もちろんご高齢でも生き生きとご活躍されている院長先生は沢山いらっしゃいますが、図1のグラフでは院長が加齢とともに減収になっていくのが分かります。

保険診療をメインとした場合、数をこなすことが必要で、以前よりも保険診療の付帯業務が増えているため売上確保は院長の体力勝負になってきます。そして新しい歯科技術やコンピューター機器を常に習得していくだけの好奇心やバイタリティを維持し続けなければなりません。

インプラント診療を頑張ってこられた院長先生も55歳を越えたあたりからインプラントを打つのが怖くなってきたという声が増えています。

院長の若さが差別化

市場ニーズは残酷なまでに「若さ」を求める傾向が年々高まっています。政治家、セールスマン、スポーツ選手、そして歯科開業医の世界でも、若い人物に人気が集中するのは一緒です。

開業医も院長が若い時分は保険診療中心で特徴の無い経営をしていても、それなりに売上が伸びていきます。“院長の若さ”、それが最大の差別的優位性だからです。そして院長の若さという武器があるころに医院の差別化を図るための投資をしなかった医院はやがて売上が停滞し、将来への恐怖と不安に苛まれ始めます。しかし、これまで投資を避けてきた院長先生にとって、まとまったお金をつかうことに恐怖を感じる傾向にあります。さらにこの状態を改善しなければ当然、医院の経営状況は徐々に悪化していきます。事態が悪化すれば減収が進み、新規の患者数が以前の半分以下になってしまったケースも少なくありません。

ところが院長先生の危機感に反し、スタッフ達はそれほど問題意識がなさそうです。院長先生はこれまで自分なりに努力をしてきたつもりでしたが、自分もスタッフも経営に対する危機感が足りなかったことを痛感します。そうなってみて初めて、スタッフの経営意識の希薄さに気が付きます。求人をかけても、なかなか応募が来ず、なかなか思うようにいきません。院長先生は自分の視力や身体が年々衰えていることを実感しながらも、歯を食いしばって診療にあたらなければなりません。実はこのような状態になってから弊社に経営相談にいらっしゃる院長先生が少なくありません。皆さんに共通しているのは院長としてまだ若かった頃の過ごし方を痛烈に後悔されているということです。


 

院長の加齢による減収を防ぐためには

多くの院長先生が将来に対して不安を抱えているのは保険制度の問題だけではなく、昔羽振りがよかった先輩開業医の凋落を知っているからです。会社の社長は一般的には加齢とともに社員が育つため、売上利益が上がって自分が楽になるという成長曲線を描きますが、歯科医院の院長は真逆です。

まるでスポーツ選手のように加齢とともに収入が下がっていきます。院長は売上利益を落とさないよう一層頑張らなくてはならないので、加齢とともに楽になるどころか大変さが増します。しかし一人で何でも出来ると思っていた開業当初と違い体力的、能力的な限界を感じるようになります。自分がやがて高齢になった時に更に体力が低下することで売上げが落ちていく事への不安が日々増していくようになります。そしてある日、周囲を見渡すと本当の意味で右腕になれる人材がおらず、院長以下は横並びで、院長がいないと回らない医院であることに気づくのです。

「一心不乱に頑張ろうと思っても以前ほどの情熱が湧き上がってこない」という声を院長先生からいただくことがあります。経営者である院長先生の情熱が下がってきた時こそ、医院の衰退が始まることを院長先生ご本人は誰よりも深く理解しています。

一見繁盛して自信満々な院長先生でも内心は深く傷ついているケースが少なくありません。

私は同じ経営者として胸を切り裂かれるようにその痛みが分かります。ホワイトエッセンスをオープンした当初は離職者が相次ぎました。

「保険診療ではなく、自費で健康者を対象とするという難しい仕事をしているので、ついて来ることが出来ないスタッフが多いのは当然」と自分に言い訳をしてはいましたが、スタッフのやる気のない態度、冷めた表情、相次ぐ離職は自分の全人格や存在価値を否定されたようで腕をもがれるように激しい痛みを伴いました。

しかしそれが続くと慣れて不感症になっていきます。自分が人として大切な感情を失ってしまったように思え、猛烈な自己嫌悪感に覆われながらも、経営という茨の道を歩み続けなければならない日々にため息が出そうになるのです。

開業医の方のお悩みを要約すると「売上利益の確保が院長依存になっていて、加齢とともに将来への不安を感じており、また採用・教育・スタッフとの関係性など、人材の問題が多いため、より院長が孤軍奮闘せねばならない」ということになります。

貴方のお悩みがここにドンピシャリであれば、そのお悩みは「医院を組織化」していくことで解決されます。どれだけ沢山の売上を上げても、多額の年収を得ても、院長一人で頑張り続けていくことほど、しんどいことはありません。一緒に働いているスタッフがそっぽを向いていると自覚してしまった瞬間から激しい虚無感に襲われることになるでしょう。家族以上に長い時間を同じ空間の中で一緒に過ごしているスタッフの院長に対する態度や仕事に対する姿勢こそが、売上額の多寡や患者さんの感謝の声の多さよりも、院長に対する公正な評価を雄弁に物語っていると認識せざるを得ないからです。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

「院長の加齢と収入の関係性」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学