歯科医院経営の本質

【後編】歯科医院で治療を終えた患者さんを予防歯科につなげる方法

今回は、 歯科医院に治療目的で来院されるクライアントから予防ニーズを

簡単に引き出すことができる最強のツールについてお伝えします。

 

最強のツール、それは「第二問診票」です。

問診表のポイントは4つです。

①問診表のタイトルに「気になること」という文言を入れる

クライアントに主訴以外で「気にしている」箇所を聞くと

記憶を辿って開示していただけます。

主訴と同列で、主訴以外を聞いてしまうと

主訴しかチェックされない傾向があります。

ですので、主訴用の問診票と主訴以外の健康や審美的欲求を聞く

第二問診表に分けることが重要なのです。

 

②質問文

人は自分が使う言葉に近い質問に温かさを感じ回答してくれやすくなる傾向があります。

 

例えば、

× クリーニングに興味がある

〇 歯の汚れ、着色が気になる

 

このように言い回しを変えるだけで印象がだいぶ変わります。

余談ですが、問診票でよく見かける質問項目で、

「インプラントについて相談したい」という記載があります。

診療名称がそのまま記載されているので、警戒心を持たせてしまい

少しでも関心がある方を遠ざけてしまう恐れがあります。

 

③いつ頃から気になり始めたかの項目を追加

この質問では、クライアントのニーズの度合をはかります。

つまり、長い期間であればあるほど、ニーズが強いわけです。

どうでしょうか、提案しやすくなりませんか?

 

③いつのタイミングで誰がどのように第2問診票を取得すればよいのか?

 

答えは、患者さんが来院されたときに受付から渡します。

初診の方は最初の問診票と一緒に渡してしまいます。

再診の方で、頂いていない方がいれば次の来院時に渡します。

 

お渡しする際には、「あなたのために聞いてます」という

顧客視点の想いをもって、堂々と笑顔でお伝えすることが重要です。

 

以上が、治療目的で来院する患者さんを予防に

移行しやすくするツール「第2問診票」の説明でした。

 

これは、明日から実践できる内容です。

健康者が予防目的で歯科医院に来院することで

これまで以上に医院に笑顔をもたらします。

是非、予防歯科の推進にご活用ください。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学