歯科医院経営の本質

PDCAと売上の関係性

PDCAの実行度と医院の総売上、および自費売上には大きな相関があります。表1はホワイトエッセンス加盟前後の売上と各種PDCAマネジメント実践度を比較したものです。
売上データは加盟院長からお預かりした決算書に基づいており、PDCAマネジメントの実践度は加盟医院の院長とスタッフの双方から別々にアンケートを頂き集計したものです。2014年時点で加盟されて3年以上が経過した医院の約8割のデータが反映されています。

2つの表の縦列には加盟医院の年間総売上が上から順に2億円以上から5千万円未満まで5段階に分類され、構成比率が記載されています。自費売上の欄には売上階層別に万円単位で年間平均自費売上が記載されています。
表の横列には、経営計画、院内コミュニケーション、勉強会、練習など、私どもが推奨する具体的なマネジメント項目とその実行比率を記載しています。実行比率が50%を超えるものは網掛け背景になっています。
この表から読み取れるのは加盟前と加盟後のどちらであっても、マネジメントを実行している医院ほど売上が高いことが分かります。

マネジメントで自費売上も上がる

私ども本部はデンタルエステで成果を出して頂くためには、本書の冒頭で申し上げたようにマネジメントを実践して組織化を図ることが必要不可欠と考えており、加盟医院に対して、具体的な各種マネジメントのやり方を助言し、実行を奨励しています。
その結果、加盟前後の表を比較すると、加盟後にマネジメントを実行する医院の比率が大きく高まっているとともに、加盟前は年間売上1億円以上の医院構成比率が37%であったのに対して、加盟後は59%にまで高まっています。自費売上も倍増しているのがお分かりいただけると思います。
マネジメントは変化が実感出来るまでに半年、成果が出るまでには少なくとも1年以上はかかります。しかし最新の医療機械を投資して失敗した、結果が出ない、分院をつくっても上手くいかないという話は枚挙に暇がありませんが、ひたすらマネジメントを真摯に継続して、失敗したという話は聞いたことが無いはずです。中長期的な視点でマネジメントを取り組めば、必ず大きな成果が出ます。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

「PDCAと売上の関係性」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学