歯科医院経営の本質

幹部(管理職)スタッフの見極め

適性が無い人材を管理職(幹部)に登用すると、組織がバラバラになってしまいます。では、管理職に登用するスタッフはどのような基準で見極めるのでしょうか?
勤務医のように歯科医師の資格を持っていることや勤続年数が長いことが管理職として相応しいわけではありません。むしろそこに囚われていると組織が成長せず、ポテンシャルの高い人材の可能性をつぶします。
ここでは特に管理職にすることで問題が大きくなる3つのタイプをご紹介します。

1)部下のミスを許せず追い詰める「部下クラッシャー」

⇒このタイプは凄く仕事が出来ます。平均的なスタッフの3倍の成果を上げます。しかしこのタイプが分院長やチーフなどの管理職になると、離職率が格段に増加します。何故ならばこのタイプは人の強みではなく、弱みばかりに焦点を当て、常にイライラしているからです。自分のやり方だけが正解と思っています。仮に優秀な新人がいても、それを見出すことが出来ず、潰してしまいます。自己愛の強い最強のリストラマシーンです。

2)嫌われることが怖くて「スタッフの愚痴を聞く神父様」

⇒このタイプはビジョンや目標達成よりも人間関係重視です。人から嫌われることを恐れて相手に同調する癖があるので、意識の低いスタッフはこのタイプの管理職を自分の良き理解者として見るようになり、一見人望があります。このタイプは抽象的に考える力やコンセプチュアルスキル(概念理解力)の低い人が多く、院長のビジョンや価値観をほとんど理解できておらず、経営者目線も持っていませんので、院長の考えを部下に咀嚼して伝えることが出来ません。「それ、院長が言ったから……やって!」が部下に対する口癖です。このようなスタッフを管理職につけておくとスタッフは院長のことが嫌いになります。

3)規律を守らない自由人「ルーズウイルス」

⇒遅刻する、提出期限を守らない、決められたことをやらないなど、規律に対してルーズなスタッフを管理職にすると、誰も規律を守らなくなり、もはや組織では無くなります。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

「幹部(管理職)スタッフの見極め」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学