成長戦略

歯のホワイトニング

歯のホワイトニングで成功するポイント

歯のホワイトニングで成功するポイントは、「お客様の見極め」、「診断力」、「お客様への教育」です。

お客様の見極め

「お客様の見極め」については、歯のホワイトニングの動機が、黄ばみで悩まれている場合と、自分の歯に対してある程度自信を持っていて、歯を白くすることで更にチャームポイントとして引き立たせたいという欲求の場合があります。悩み型来院の方には、悩みに共感するカウンセリングが大切ですし、欲求型来院の方にはお客様の歯の良い点を褒め、明るく元気にカウンセリングすることがポイントです。真逆の対応をするとお客様のモチベーションは下がります。悩み型が2割、欲求型が8割の割合です。

診断力

「診断力」について、ホワイトニングは他の歯科技術と比べると、施術者によっての手技格差が出にくく、その反面、術後結果の予想がつきにくいという特徴があります。お客様の歯の現在シェード色(歯の色の明るさ)に対し、お客様の歯の性質、生活習慣、ご予算、通える頻度、目標期間などの5観点から、「お客様が希望するシェード色に達成するために、オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)、ホームホワイトニング(歯科医院で専用のマウスピースを作り、家庭で行うホワイトニング)、歯のクリーニングなどをどの様に組み合わせてスケジュール化すれば、最良の効果を得られるのか?」という予測力こそが、ホワイトニングの技術力といえるかもしれません。その予測力は経験した症例数に比例します。
ちなみに加齢とともに漂白効果が出にくくなり、喫煙者のほうが白くなりにくい傾向にあります。また歯科専門家の間では、テトラサイクリン歯(抗生物質の影響で生まれつき変色している歯)や失活歯(神経の死んでいる歯)などの場合、軽度はホワイトニングで改善できるものの、重度は補綴(差し歯)でないと不可能というのが定説です。ただ、お客様の多くは補綴よりもできるだけホワイトニングで改善したいと思っており、テトラサイクリンで最も重篤な第4度であっても、半年間デュアルホワイトニング(オフィスとホームホワイトニングの組み合わせ)を継続すると、かなり目立たなくなります。その状態は歯科医師にとって理想的で無くとも、多くのお客様にとっては感涙ものです。

お客様への教育

最後の「お客様への教育」ですが、半数の方は歯のクリーニングと歯のホワイトニングの違いをご存じありません。歯の表面についた汚れや着色は歯のクリーニングで落とせますが、遺伝や加齢による変色はホワイトニングで漂白しないと白くならないということをお伝えする必要があります。
またお客様は、一度で白くなるホワイトニングが良いホワイトニングと信じていらっしゃる場合があります。そこで「歯にダメージを与えず、透明感のある美しい仕上がりのある白い歯を手に入れるには複数回繰り返すことが良いホワイトニングである」ということをお客様に納得して頂くことが大切です。そのためにも美容院やエステのように「通うこと自体が幸せ!」と思っていただけるような癒される個室空間や接遇力が必要になってきます。

ホワイトニングの技術

ここで少しだけ研究の結果によって判明したホワイトニングの有効性、安全性などについて、基本原理とともにお伝えします。
漂白効果は過酸化物が酸化反応するときのヒドロキシラジカル生成量の多さに比例しており、それは「過酸化物の濃度×熱温度(或は光量)×phアルカリ度」で決まります。

オフィスホワイトニングでは主に過酸化水素水がつかわれ、濃度の高さに漂白効果は比例します。濃度は過炭酸ナトリウムを混ぜることで、高めることが出来ます。しかし30%濃度以上で歯面に塗布すると、激しい痛みが発生したり、歯質に対して為害作用が生じやすくなります。一方で濃度が10%未満になると、熱温度(或は光量)やphアルカリ度などが必要条件を満たしていても漂白効果は期待できません。なお、過酸化水素の酸化分解を促進するために可視光応答型二酸化チタン光触媒を用いることがありますが、これまでの実験結果では光触媒は歯の漂白効果にほとんど作用していません。
過酸化水素は熱温度が高いほど、或いは光量が強いほど、酸化分解が促進されます。しかし熱温度が高いと歯髄炎や疼痛への悪影響があり、光量が強すぎると口唇や歯茎が日焼けします。口唇や歯茎へのプロテクトは施術時間の延長を意味しコストに反映します。
市販の過酸化水素は、弱酸性のPh値となっています。そこで使用時にPh調整剤によってアルカリ性に傾けると分解反応が促進されます。しかしアルカリ度が高すぎると歯に為害作用を及ぼすためph10未満の弱アルカリ性に留めておくようにします。

ここまでのことから、歯のホワイトニングにおいて、過酸化物の濃度、熱温度、phを高めることによって漂白効果を高めることは比較的簡単なことです。その代わり歯の健康や快適性に対するリスクが増します。漂白における有効性と安全・快適性はトレードオフの関係にあります。
なお過酸化物以外のホワイトニング方法にオゾンをつかったホワイトニングがありますが、人体に対する危険性が高いため、現在の技術では実用的ではありません。
またポリリン酸をつかったホワイトニングは、あくまで着色除去作用に留まり、過酸化物のような漂白効果はありません。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

「歯のホワイトニング」に関連する記事

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら