新規患者・リピーターを生むマーケティング

5つをチェック!オフィスホワイトニング材の選び方  

ホワイトニングを導入しようと思っても、いろいろあってどのホワイトニング材がいいのか悩みますよね。

特に、オフィスホワイトニング材は、現在国内で認可が下りているもので5製品ありますが、

術式やメーカーのうたい文句は様々なので、選びにくいことと思います。

しかし、実は、
ホワイトニング材の化学的特性をチェックすれば、どのくらいの漂白効果が期待できるかがわかるんです。

今回は、気になる漂白効果に加えて、オフィスホワイトニング材を選ぶ際に優先度が高いチェック項目を5つお伝えします。

今回お伝えする内容を知っておけば、この先新しいホワイトニング材が出てきても、どこをチェックすればよいかがわかり、自分の求めるホワイトニング材を選べるようになります。

1. 最終薬液の過酸化水素濃度が約20%であること

まずは、過酸化水素濃度をチェックしましょう。

ホワイトニング材の漂白効果を最も左右するのは
有効成分である過酸化水素濃度だからです。

このとき問題となるのは、歯に塗布する状態の
ホワイトニング材の過酸化水素濃度ですから、

必ず2剤混合後の最終薬液の過酸化水素濃度
チェックしてください。

そして、
オフィスホワイトニング材の過酸化水素濃度は
20%前後のものを選びましょう。

10%以下であると痛みは出ませんが
20%前後のものと比較して漂白効果があまり期待できません。

一方で、30%以上になると歯に激しい痛みが生じやすくなりますので、過酸化水素濃度は約20%のものが最適です。

間違いやすいのが、オパールエッセンスBOOSTはパッケージに35%と表記されていますが、これはあくまで2剤混合前の過酸化水素濃度であり、

最終薬液の過酸化水素濃度は、
ホワイトエッセンスホワイトニング プロ、
ティオンオフィス、松風ハイライトとほぼ同等の約24%です。

2. 弱アルカリ性pHであること

次はホワイトニング材の最終薬液のpH
チェックします。

ホワイトニング材のpHは弱アルカリ性pHのものを選びましょう。ホワイトニング材はpH7.0を超えてアルカリ性になると、漂白効果が上がるからです。

しかし、強アルカリになると組織に為害作用があるのでpH10以上のものは使用しません。

また、エナメル質の脱灰はpH5.5以下で起こるため、酸性pHのホワイトニング材を第一選択とするのはお勧めできません。

3. 漂白効果を上げる添加物

漂白効果は過酸化水素濃度に最も依存し、さらにアルカリ性pHの方が漂白効果が大きくなるというのが基本の考え方です。

その上で、漂白効果を上げるとされる添加物の効果は、プラスαと考えます。

まず、光触媒についてです。

日本では10年ほど前にもてはやされた光触媒を応用したホワイトニング材ですが、様々な実験を経て、

歯のホワイトニングにおいて光触媒が明らかに有効なのは、ピレーネに過酸化水素濃度が3%程度のときに添加したときであり、

約20%の過酸化水素濃度では濃度上昇による漂白効果に比べて光触媒の効果は小さく、有意差として現われにくくなることが分かりました。

事実、海外では光触媒入りのものは主流にはなりませんでした。

また、近年に発売されたオフィスホワイトニング材に焦点を当ててみると、2017年以降に認可がおりたオパールエッセンスBOOSTやホワイトエッセンスホワイトニング プロには光触媒は入っていませんが、その効果と安全性を認められ厚労省の認可がおりています。

次に、オパールエッセンスBOOSTとホワイトエッセンスホワイトニング プロの漂白原理を見てみましょう。

オパールエッセンスBOOSTの漂白原理は添付文書によると

「過酸化水素+pH調整剤+光照射」です。

前述の通り、漂白効果を上げるためにホワイトニング材をアルカリ性にする目的で添加されているのがpH調整剤です。

オパールエッセンスBOOSTはこの漂白原理を用いていますが、

実は、ピレーネ、ティオンオフィス、ホワイトエッセンスホワイトニング プロにもpH調整剤は添加されているので、特別目新しい漂白原理ではありません。

一方、最新の国内認可オフィスホワイトニング材であるホワイトエッセンスホワイトニング プロの漂白原理は「過酸化水素+炭酸塩+光照射」です。

ホワイトエッセンスホワイトニング プロに炭酸塩として添加されているのは炭酸水素ナトリウムです。

炭酸水素ナトリウムをはじめとする炭酸塩(炭酸水素塩も含む)がすごいのは、

  • pH調整剤としてホワイトニング材をアルカリ性にする役割を果たすこと

だけでなく

  • 他のpH調整剤よりも明らかな漂白効果を示すから

です。

ちなみに、ホワイトエッセンスではこの漂白原理で特許を取得しており、まさに新規ホワイトニング材と言えるでしょう。

オパールエッセンスBOOSTとホワイトエッセンスホワイトニング プロを用いて、操作条件を同じにして漂白効果を比較した実験結果をご紹介します。

【実験:ホワイトニング用多歯照射器を使用したときの漂白効果】

図にある通り、

ホワイトニング用多歯照射器を使用した場合は、ホワイトエッセンスホワイトニング プロの漂白効果が大きいということがわかりました。

その他、各種添加物の漂白効果については今回お伝えしなかったものも含めて

「リピート化するホワイトニング・クリーニング」

でデータを交えて詳解しています。

4. 術式が簡単であること

オフィスホワイトニング材を選ぶ際に、1~3でお伝えした化学的特性と同じくらい大事なのが術式です。

術式が簡単なほうがチェアタイムが短くてすみますので、漂白効果が同程度であれば使用法が簡単なホワイトニング材を選びたいものです。

チェック項目1つ目は、使用する照射器です。

もちろん、これはホワイトニング用多歯照射器使用するのがよいでしょう。

レジン重合用照射器で1歯ずつ照射するのは時間がかかりクライアントにも負担がかかります。

それならば、どのホワイトニング材にもホワイトニング用多歯照射器を使用したいところですが、添付文書には使用する照射器の指定が必ずあります。

厚労省が効果と安全性を認めたのは、添付文書に書かれている照射器を使用した場合に限りますので、必ず添付文書の使用法どおりの照射器を使用してください。

そうでないと十分な漂白効果が得られない可能性があります。

2つ目は、放置時間が必要かどうかをチェックしましょう。

歯に塗布して光照射をするだけでなく、一定の放置時間が必要なホワイトニング材もあります。放置時間が〇分と考えるのは面倒なだけでなく、操作ミスにもつながりますので、薬剤放置時間はないものが好ましいです。

5. 1箱10回分以上入っているか

意外に気を付けた方がよいのが、1箱に何回分入っているかです。

ホワイトニング材は冷蔵しないと過酸化水素の分解が進んで漂白効果が小さくなるため、どのメーカーのものも冷蔵保管が指定されています。

シリコン印象材やらスーパーボンドやペリオクリンなどでいっぱいの冷蔵庫。1箱1回分のホワイトニング材だと10回分を入れるとかなりのスペースをとってしまいます。

冷蔵庫で場所をとらないように、1箱に10回分以上入っているものを選ぶ後々後悔しません。

6. まとめ―国内認可オフィスホワイトニング材の特徴―

今回は、オフィスホワイトニング材の選び方をお伝えしましたがいかがでしたか?

自分が求めるオフィスホワイトニング材が選べるようになったのではないでしょうか?

最後にこれまでお伝えした内容を踏まえて、国内認可オフィスホワイトニング材の特徴をまとめました。ぜひホワイトニング材選びの参考になさってください。

▼左から承認が新しい順


この記事は、2020年12月に出版された【リピート化するホワイトニング・クリーニング】の内容を元に書かれています。

この本は、ホワイトエッセンスのホワイトニング・自費クリーニングを技術に特化してまとめたものです。

ホワイトエッセンスが実際に使用している施術マニュアルや研究・実験データを初公開しています。

ホワイトニングの選び方についてもっと詳しく知りたい方やホワイトニングで患者さんを増やしたい方、リピート化してほしいと考えている方はぜひ参考になさってみてください。

▼試し読みはコチラから▼

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • 歯科医院経営が学べる動画サイト

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 【ホワイトエッセンス公式】ホワイトニング技術公開本販売サイト

      ホワイトエッセンス公式 ホワイトニング技術公開本販売サイト