歯科医院経営の本質

医院を良くする幹部スタッフ、悪くする幹部スタッフ

ある程度医院が大きくなった時、
院長先生の右腕となるマネージャーやチーフが
いると助かりますよね。

しかし、右腕の人選を間違えると
たちまち医院は崩壊してしまいます。

実は、誰を幹部に配置するかで
医院の将来が決まります。

そこで今回は、
医院を良くする幹部スタッフと
悪くする幹部スタッフの特徴、
そして幹部の人選ポイントをお伝えします。

医院を良くする幹部スタッフ悪くする幹部スタッフ

まず最初に
先生の医院のスタッフに

新人があまり上手く行かない時
「私に任せて!!」と言い、
代わりに仕事をしてしまう方はいませんか?

実はこれ、
医院を悪くする幹部スタッフの特徴なんです!

なぜなら、
このようなことを繰り返していると、

自分では力不足なんだ、、
先輩じゃないと駄目なんだ、、
自分では患者さんに喜んでもらえないんだ、、

と新人が思うようになり、
やる気を無くしてしまうからです。

そもそも幹部スタッフの仕事は、
現場作業員のフォローに
入ることではありません。

部下や新人に対して教育訓練をすることです。

幹部がフォローに入ることは、
言い方は悪いですが、
現場スタッフの仕事を
横取りしていることと一緒です。

仕事が出来るスタッフが多くなればなるほど
医院全体は良くなります。

そのためスタッフに対し、
仕事が出来るように教育訓練を行う幹部は
医院を良くします。

逆にフォローに入ってしまう幹部スタッフは
知らぬ間に現場スタッフの成長を妨げ、
モチベーションを下げてしまい、
医院全体の雰囲気を悪くしてしまいます。

もし先生の医院にそのような幹部がいましたら
すぐに注意しなければなりません。

絶対にやってはいけないマネジメント体制

 
次に紹介するのは
絶対にやってはいけないマネジメント体制です。

それは、
1人の部下に対して、
2人以上の上司がいることです。
 
院長と奥様で1人のスタッフに命じる
院長と幹部で1人のスタッフに命じる

などが例に挙がります。
 
このようなことが起これば、
スタッフはどちらの言うことを
聞けば良いか分からず混乱してしまいます。
 
そうした混乱を防ぐために
スタッフに命令を出す上司は
絶対に1人にしてください。

右腕となるスタッフの人選のポイント

 
ここまで医院を良くする幹部スタッフと
悪くする幹部スタッフの特徴
やってはいけないマネジメント体制を
紹介しましたが、
 
では、
どんなスタッフを幹部、
自分の右腕にすれば良いのでしょうか?
 
職歴や勤続年数で決めれば良いのでしょうか?

答えは違います。
 
よく職歴や勤続年数で幹部を選んでいる先生を
お見かけしますが、それは絶対にやってはいけません。
 
例えば、
勤続年数だけ長いスタッフが新人に対して、
院長が望んでいない
自己流のやり方を教えてしまえば
新人は間違ったやり方を覚えてしまいます。
 
最悪なのは、
院長が新人に悪いことを言っていないのに、

勇気を崩すことも言っていないのに、

ベテランスタッフが院長の悪口を
毎日のように新人に言っているために

いつの間にか新人が院長先生のことを
大嫌いになっているというケースです。
 
そうなると院長先生だけが悪者扱いされ、
孤独になってしまいます。
 
幹部にするべきスタッフ。

それは院長のことが好きなスタッフです。
能力ではありません。
 
ただ、
院長が好きな人と言っても、
口だけ大好き、尊敬していると
言っているスタッフではありません。

本当に院長が好きなスタッフは
そういうことを言わないからです。
 
本当に好きなスタッフというのは、
院長先生には嫌なところも不足しているなと
思うところもあるけど

先生が掲げるビジョンは素敵でロマンがあるから
サポートしていきたいと考えているスタッフです。
 
何故でしょうか?
前者のような間違ったスタッフを幹部にしてしまうと
何が起こるか解説していきましょう。
 
例えば院長のことが
本当は好きでないスタッフが幹部となれば、

個人面談などで新人スタッフの愚痴を聞いては、
間違ったアドバイスをするというようなことを
繰り返してしまいます。
 
そうすると

どんどん新人は医院のことが嫌いになり、
採用してもすぐ辞めてしまうようになります。
 
でもその幹部スタッフは、
「今度採用した新人やる気無いです、

医院のこと好きじゃないです」などと
院長に言ってしまうのです。
 
また、
院長と右腕スタッフがぎくしゃくしていたら、
医院見学に来ても雰囲気が悪いのが
なんとなく伝わってしまい、
採用にも繋がらなくなってしまうこともあります。
 
逆に、
先生のことが本当に好きなスタッフが幹部であれば、
先生のことを持ち上げてくれますし、
先生のビジョンに共感しているため
医院全体が良くなるよう考えて行動してくれます。
 
ですから、
右腕にするスタッフを決めるときには
上辺だけではない本当に先生のことが
好きなスタッフを選ぶことが重要になります。
 
※補足情報※
 
実は、
年商1億円未満の際は、
幹部はまだつくる必要はありません。
 
幹部は、
スタッフの教育訓練などマネジメントを行う役職です。
 
しかし売上1億円未満の規模の場合、
幹部としての役割だけを担う人材を

置いておくことが人件費の観点で難しいのです。
 
そうなると
勤務医や衛生士や助手や受付だったとしても
そちらの業務でも売上を上げる

エースにならなければならず、
マネジメントが中途半端になり、
余計に医院がぐちゃぐちゃになってしまいます。
 
ですので、
売上1億円未満の場合は幹部はつくらず、
院長トップのフラット組織にした方が
上手くいきやすいのです。

無料で歯科医院経営が学べる動画サイト

 
歯科経営の知識を
動画で学べるコンテンツの紹介です。

実は、
文章よりも動画の方が
2倍記憶に残る
と言われています。

登録無料でご利用いただけるので、
是非ご活用いただければと思います。

ご登録はコチラから↓

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • ホワイトエッセンス ブランド紹介

      ホワイトエッセンス ブランド紹介
    • ホワイトエッセンス最新の歯科経営本

      ホワイトエッセンス最新の歯科経営本
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • 新世代ホワイトニングの最新技術セミナー

      新世代ホワイトニングの最新技術セミナー
    • 歯科医院経営が学べる100本以上の動画が無料で見放題!

    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • 【ホワイトエッセンス公式】ホワイトニング技術公開本販売サイト

      ホワイトエッセンス公式 ホワイトニング技術公開本販売サイト