院長の時間とお金の使い方

院長の仕事時間と売上の関係性

院長の時間のつかい方は、お金のつかい方よりも遥かに大切で効果があります。売上が低い院長の場合、診療が終わって夜の8時前には帰宅し、必ず週に2日の休みを取得しています。これならばサラリーマンのほうがもっと働いています。私が思うに歯科業界は厳しいという意見がありますが、ちっとも厳しくないと思います。チャンスだらけです。歯科医院数がコンビニの1.5倍もあるといっても、私が知っている限り院長の半分は平均的なサラリーマンよりも仕事時間が短いのですから。

ランチェスター戦略で有名な竹田陽一氏もアドバイスしています。「経営者の最大の差別化は経営者の仕事時間の長さであり、サラリーマンの2倍の仕事時間では不十分で、3倍の時間を働くとライバルに確実に勝てる」とおっしゃっています。人の2倍働くとは8時間という平均労働時間の2倍の16時間ではなく、√2で計算してOKで、3倍は√3でOKという意味になります。

人の2倍8時間×√2=11時間  勝てるかどうか分からない
人の3倍8時間×√3=14時間  必ず勝つ
人の4倍8時間×√4=16時間  圧勝
人の5倍8時間×√5=18時間  決死

当社の調査でも歯科医院の売上と院長の働いている時間には相関があることが分かっています。院長の仕事時間には技術や経営の勉強時間も含みます。売上が5000万円以下の医院では院長が働いている時間は週に50時間以下がほとんどです。6000〜9000万円は週に50〜60時間位、1億〜2億円で週に60〜80時間位、6億円以上になると週に100時間位でしょうか。

長時間仕事したり、勉強することを続けていると、自分に自信がつきます。「これだけ頑張っているのだから、上手く行くに決まっている!」と思い込めるようになるのです。そうすると、もっと医院に投資しよう、人を増やそうという決断が出来るようになり、医院が成長します。
長時間働けるバイタリティは、体力ではなく貢献したいと思う対象の範囲と深さで決まると思います。いつも元気いっぱいの院長は自分や家族だけに影響を与えようと思っているのではなく、スタッフ、地域住民、社会に対して良い影響を与えたいと思っている傾向にあります。それが無限のエネルギーを生み、もっと頑張らないと時間が足りないという発想なのです。

何年間も人並み以上に長い時間頑張って働くと、量の質的転換が起き、同じ1時間でもどんどん生産性が上がるようになります。そして働く能力が上がった院長は人の半分以下の働く時間で近隣ライバルの何倍もの成果を上げていくことが出来るようになるのです。

著者プロフィール

ホワイトエッセンス株式会社
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら
    • 院長のビジョンを叶える ホワイトエッセンスが教える経営学

      院長先生のビジョンを叶える!ホワイトエッセンスで教えている経営学