歯科用医療機器 Dental medical equipment

こちらのページでは歯科医療機器を適正に使用していただくための情報を
日本国内の歯科医療従事者を対象に提供しています。
歯科医療従事者以外の一般の方に対する情報提供を目的としていないことをご了解ください。
あなたは医療関係者ですか?

お知らせ・新着情報NEWS

  • 2020-05-25
    ホワイトエッセンス医療機器ページが開設しました
    2020-06-24
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロに関するよくある質問を更新しました

お問い合わせCONTACT

    • 製品情報お問い合わせ先/歯科用医療機器販売情報提供活動に関する苦情窓口

      ホワイトエッセンス株式会社
      営業本部
      TEL 03-6434-1463(受付10~19時)
      ※土・日・祝日および当社休日を除く

製品情報INFORMATION

  • オフィスホワイトニング
  • 照射器
  • 口腔内カメラ
  • ホワイトエッセンスホワイトニング プロWHITEESSENCE WHITENING PRO

    ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真①
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真②
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真③
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真① ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真② ホワイトエッセンスホワイトニングプロの写真③
    医療機器承認番号
    23000BZX00368000
    一般的名称
    歯科用漂白材
    包装
    10施術分(箱) (ジェルシリンジ2本、液チューブ10本)
    保存条件
    冷保存(5℃±3℃)

    製品紹介

    概要
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロの商品写真 ホワイトエッセンスホワイトニングプロの商品中身

    商品名/ ホワイトエッセンスホワイトニング プロ

    本品は液とジェルから構成され、2品を練和したあとに光(可視光)を照射することで、医薬用外劇物でもある過酸化水素の酸化作用を増強し変色歯を漂白します。

    包装/10施術分(箱)
    ・ジェルシリンジ2本
    ・液チューブ10本

    操作方法
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ操作手順①
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順①
    漂白を行う歯面に対して機械的歯面清掃を行ってください。
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ操作手順②
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順②
    保護メガネ及びフェイシャルマスク等を用いて顔面を保護します。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順③
    添付文書に従い、歯肉保護を行います。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順④
    エアブローにて歯面を乾燥させます。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑤
    適量のジェルと液を練和します。
    ※見やすくするために青色の食紅を使用しています。本来の製品は無色透明です。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑥
    【塗布】
    練和物を約1㎜対象歯に塗布します。
    ※見やすくするために青色の食紅を使用しています。本来の製品は無色透明です。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑦
    【照射】
    多数歯用の歯面漂白用活性化装置等を用いて光照射を行います。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑧
    【除去】
    光照射終了後、ガーゼまたは脱脂綿で漂白剤を除去します。
    ※⑥~⑧を、クライアントが希望するシェードに合わせて繰り返します。但し、1度に3回までとします。
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑨
    歯肉保護剤を取り除きます。歯面を水洗し、漂白剤を完全に除去します。
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ操作手順⑩
    ホワイトエッセンスホワイトニング プロ操作手順⑩
    研磨剤で歯面研磨をし終了です。
    よくある質問
    Q1年齢制限はありますか?
    A1乳歯及び幼若永久歯には本品を使用しないこと。歯に悪影響を及ぼす可能性があります。ほかにも妊娠中や授乳中の患者には本品を使用しないこと。
    Q2施術の具体的な流れを教えてください。
    A2別ページ、「操作方法」の流れを参照ください。
    Q3使用期限は?
    A3未開封状態で製造より2年になります。
    Q4過酸化水素濃度は?
    A4容器に入っている際は35%ですがジェルと練和した時点では19~24%です。
    Q5ウォーキングブリーチ法はできますか?
    A5ウォーキングブリーチ法には使用できません。
    Q6禁忌・禁止事項は?
    A6次の患者には本品を使用しないでください。
    ・無カタラーゼ症の患者・妊娠中・授乳中の患者・気管支炎、喘息の患者。

    次の歯には使用しないでください。
    ・う蝕のある歯・知覚過敏を有する歯・象牙質露出が認められる歯・歯根露出が認められる歯・不適合な歯冠修復物が認められる歯・形成不全など実質欠損の大きい歯・乳歯、幼若永久歯・重度のクラックが認められる歯・打診歯・自発痛を有する歯・歯内療法、歯冠修復が必要な歯・金属塩による変色歯・重篤な変色歯(テトラサイクリン歯)
    Q7未開封製品の保管方法は?
    A7冷蔵庫(2~8℃)で保管してください。
    Q8どのような照射器が使用できますか?
    A8多歯照射用の歯面漂白用活性化装置又は歯面漂白用加熱装置(370nmよりも短波長光を出力せず、370~530nmの範囲に有効波長を融資、放射発散度600~750mW/cm2)を用いて歯面から20㎜程度の距離から約10分間光照射を行います。
    Q9使用して余った薬剤は保存が可能なのか?
    A9保存はできません。余った薬剤は廃棄してください。
    Q10医療機器なのですか?
    A10高度管理医療機器(クラスⅢ)製品です。
    Q11奥歯までの処置が出来ますか?
    A11多数歯照射をする場合、正面前歯に比べて側面および奥側で漂白が弱くなる傾向があります。
    Q12施術後の飲食等の制限はありますか?
    A1224時間以内は着色性飲食物(カレー、コーヒー、赤ワイン等)の接種及び喫煙を避けてください。
    Q13歯に塗布する際のpHは?
    A13練和後は7.0~8.5です。
    関連商品
    WE LightクラスⅡ商品写真
    歯面漂白用活性化装置WE Light クラスⅡ

    医療機器認証番号/228ADBZX00020000

    PDF

    詳細はセミナーでご案内

  • WE Light クラスⅡ歯面漂白用活性化装置

    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器①
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器②
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器③
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器① ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器② ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器③
    医療機器認証番号
    228ADBZX00020000
    一般的名称
    歯面漂白用活性化装
    形状構成
    ライトユニット、アーム、操作パネル、モービルカートマウスガード、保護メガネ
    寸法
    幅480㎜ 高さ1265㎜ 奥行960㎜

    製品紹介

    概要
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ用の照射器全体写真

    商品名/ WE Light クラスⅡ

    ▼構成
    【本体】
    ・ライトユニット(マウスガード)
    ・アーム
    ・操作パネル
    ・モービルカート

    【付属品】
    ・マウスガード
    ・保護メガネ

    ▼電気的規格
    ・電圧AC100v50/60Hz
    ・消費電力1.2A

    ▼サイズ
    幅480×高さ1265×奥行960㎣(許容誤差±10%)

    操作方法
    WE Light クラスⅡ操作手順①
    安定した場所に設置し、キャスターを固定します。電源コードのプラグをAC100V用のコンセントに接続します。
    WE Light クラスⅡ操作手順②
    目隠しや保護メガネにて患者の目を適切に保護する。
    WE Light クラスⅡ操作手順③
    リトラクターを装着し、タオルやガーゼ等で照射部以外を遮光しホワイトニング材を歯面に塗布します。
    WE Light クラスⅡ操作手順④
    ライトユニットが患者の正面に位置するようにアームを操作し、マウスガードが患者に直接接触しないように照射位置を調整します。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑤
    操作パネルを確認、スタンバイモードになっているのを確認してから電源ボタンを押し、操作モードにします。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑥
    操作モードの状態で「Low出力選択ボタン」または「High出力選択ボタン」を押し出力を選択します。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑦
    「タイマー設定ボタン」の上下ボタンを操作し照射時間を設定する。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑧
    操作パネルの「スタート/ストップボタン」を押して照射を開始する。タイマーで設定した時間に達すると照射が自動的に終了する。途中で照射を停止したい場合は、再度「スタート、ストップボタン」を押す。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑨
    操作後、電源ボタンを押してスタンバイモードにし、電源コードを電源から外します。
    WE Light クラス Ⅱ操作手順⑩
    本体からマウスガードを取り外し医療用アルコール等を染み込ませた柔らかい布で清掃して消毒し、乾燥させます。
    よくある質問
    Q1禁忌・禁止はありますか?
    A1白内障の既往者、網膜障害の既往者、光アレルギー既往者等には使用しないこと。照射の光を直接覗かないこと。照射ポジションに設置する前から照射を開始しないこと。照射中は必ず保護メガネ等で目を保護すること。照射部以外は遮光しる。マウスガードは患者ごとに消毒し、消毒しに状態での患者間の使いまわしは避けること。
    Q2照射光お波長領域はどのくらいですか?
    A2ピーク波長が450~470nmです。
    Q3消毒方法を教えてください。
    A3本体からマウスガードを取り外し、医療用アルコール等をしみこませた柔らかい布で正そして消毒し、乾燥させます。
    Q4保護メガネやマウスガードは追加購入が可能ですか?
    A4可能です。
    Q5光源は何ですか?
    A5LEDです。
    Q6操作方法を教えてください。
    A6別ページの操作法の流れをご参照ください。
    Q7使用上の注意点を教えてください。
    A7ライトユニットから照射される光を直接覗かないでください。ライトユニットが口腔内に配置されていない状態で照射を開始し光を患者に向けないこと。照射中は必ず目隠しや保護目枯れ等で患者の目を適切に保護すること。使用時はタオルガーゼやガーゼ等で照射部以外を遮光した後、照射すること。マウスガードは患者ごとに消毒し消毒を行わな状態での患者間の使いまわしを避けること。
    関連商品
    ホワイトエッセンスホワイトニングプロ写真
    歯科用漂白材ホワイトエッセンスホワイトニング プロ

    医療機器承認番号/23000BZX00368000

    PDF

    詳細はセミナーでご案内

  • WE カム歯科用口腔内カメラ

    取り扱い終了 2020.4.1現在

    医療機器届出番号
    13B1X10147000002
    一般的名称
    歯科用口腔カメラ
    製品仕様
    カメラハンドピース、モニター本体、カメラ用ケーブル電源ケーブル、カメラハンドピースホルダー
    付属品
    AVケーブル、メモリーカード、メモリーカードリーダーディスポーザブルカバー

    製品紹介

    概要

    ▼構成
    【本体】
    ・カメラハンドピース
    ・モニター本体
    ・カメラ用ケーブル
    ・電源コード
    ・カメラハンドピースホルダー

    【付属品】
    ・AVケーブル
    ・メモリーカード
    ・メモリーカードリーダー
    ・ディスポーザブルカバー
    ▼電気的定格

    ・電圧AC100V~240V50/60Hz
    ・入力100V0.32A

    ▼サイズ
    ・カメラハンドピース
     232(L)×27.2(W)×27.2㎜(H)
    ・モニター部
     197(L)×111(W)×111㎜(H)

    ▼重量
    ・カメラハンドピース 50g
    ・モニター本体 550g

    操作方法
    ①カメラハンドピースを本体に接続します。
    ②モニター本体と電源コードを接続し電源を入れます。
    ③カメラハンドピースにメモリーカードをセットします。
    ④カメラハンドピースに新しいディスポーザブルカバーを被せます。
    ⑤カメラハンドピースの「Freezeボタン」を押し、モニターを起動します。
    ⑥新しいディスポカバー被せたままの状態で、カメラハンドピースの先端のカメラ部を患者の口腔内の観察したい箇所に合わせる。画像を撮りたい場合は「Freezeボタン」を押して、モニター画面に静止画像を映し出します。

    ⑦「Saveボタン」を押して、保存した画像を確認する。

    ⑧「Photoボタン」で保存した画像を選択し、「Deleteボタン」を押すことで、選択した画像を消去します。

    ⑨カメラ撮影が終了したら、ディスポカバーを取り外し、廃棄します。

    ⑩アルコール綿など消毒し、清掃を行います。

    PDF