新商品の開発

医療機器の開発・製造

ホワイトニング材を中心に、専用照射器、ウルトラファインバブル(UFB)といった付加価値性の高い医療機器を
大手メーカーとの提携・協力のもと開発し製造しています。

研究開発施設と開発チーム

工場を併設した研究開発施設

神奈川県の溝口にある高度先端企業や大企業の研究機関が集積されている都市型の科学技術館に、約300坪のテナントを借りて、オフィスホワイトニングの製造工場を併設し、新製品の研究開発を進めています。

様々な課題を解決する研究開発チーム

医療機器の開発~認証・認可の取得には様々な課題が山のように積み重なりますが、歯科医師の先生、外部の研究職の方々に協力頂きながら、国立の大学院を卒業してきた若手を中心に、研究開発チームを組み、様々な課題をクリアしてきました。現在も、新製品の開発に日々活動しています。

認可取得について

薬事認可と特許申請

ホワイトニング材をはじめ、新しい医療機器の開発には厚生労働省が管轄する機関からの承認が必要となります。多額の費用と労力、時間をかけて認可の取得を行っています。また、自社で開発した高付加価値製品においては、特許の取得を行っています。

産学連携について

専門性の高い大学研究室との連携

開発製品にあわせてその分野での専門性の高い国立大学、有名私立大学の研究職の方々と連携して、エビデンスの強化をはかり加盟院様が安心してクライアントにサービス提供できるようにしています。複数の研究を今もなお継続しています。

開発商品

オフィスホワイトニング材

歯科用漂白材
「ホワイトエッセンスホワイトニング プロ」

安全性と漂白効果のこだわりから8年の歳月をかけて、炭酸水素塩を配合したホワイトニング材を独自開発し、2018年12月に高度管理医療機器の薬事承認を取得しました。

一般的名称:歯科用漂白材
医療機器承認番号:23000BZX00368000
高度管理医療機器 歯科用漂白材(JMDN:38785000)

ホワイトエッセンス
ホワイトニング プロ
添付文書はこちら

ホワイトニング照射器

ホワイトニング用照射器
「 WE Light クラスⅡ」

研究チームが約3年の歳月をかけて、ホワイトニング用薬材を活性化させるホワイトニング専用照射器を開発しました。当医療機器は、厚生労働省からクラスⅡの医療機器認可を受けています。

一般的名称:歯面漂白用光活性化装置
承認・認証・届出番号:228ADBZX00020000
管理医療機器 特定保守管理医療機器 歯面漂白用活性化装置(JMDN:70717000)

WE Light クラスⅡ
添付文書はこちら

ウルトラファインバブル

各種物品の洗浄、食品の鮮度維持の分野において活用されている『ウルトラファインバブル』と称される直径1μm未満の気泡を含む水を生成する小型かつ軽量な歯科用の水改質装置を開発。ホワイトエッセンスでは、ホワイトニング前の歯面清掃、クリーニングで効果を発揮させています。

デンタルエステ専用施術台チェア

お客様が施術台の上でリクライニングして、フェイスタオルで顔を覆われるまで、施術用のインスツルメント機器が見えない設計になっています。また、付属什器は木を基調としたつくりになっており、洗練された内装空間と調和しています。

OUR SERVICE

セミナー申込み・
ブランド加盟の申込みはこちら

専用フォームより24時間受け付けております。
お気軽にお申込みください。

経営セミナー
申込み
技術セミナー
申込み
ブランド加盟
申込み
資料請求