キービジュアルの画像

スタッフの教育研修支援

スタッフ認定試験の運営

ブランド基準維持のため毎年実施される
施術・カウンセリング・接遇の認定試験制度があり、
優秀者にはプラチナ・ゴールド・シルバーの称号が授与されます。

認定試験の様子

ホワイトエッセンス認定試験の様子1
ホワイトエッセンス認定試験の様子2

認定試験(コンテスト)の効果

個人経営の歯科医院の場合

  • スタッフ
    全国規模の標準的な資格基準はなく、レベルUPを確認するための明確な審査基準がない。
  • 院長
    スタッフのスキルや知識レベルを、一人で評価判断することになり正確な評価がしにくい。
  • 医院全体
    スタッフが多くなればなるほど、全員で同じ目標や基準を持つことが困難。

ホワイトエッセンス加盟院の場合

  • スタッフ
    自分の目標やレベルアップのための基準が明確になり、成長意欲が湧く。
  • 院長
    スタッフのスキルや知識レベルなどの評価を、公平かつ正確にできるようになる。
  • 医院全体
    スタッフ数が増えても、明確な基準があるので、意識統一が図りやすい。

認定試験の概要

認定試験(コンテスト)

試験科目
全8科目(職種により受験科目は異なる)
対象者
セラピスト、カウンセラー(無資格者可能)、受付コンシェルジュ(無資格者可能)
開催頻度
年2回
達成基準
各科目70点以上(優秀者はコンベンションにて表彰)
ホワイトエッセンス認定試験の概要 ホワイトエッセンス認定試験の概要

等級レベルの目安

ホワイトエッセンス等級レベルの目安